キムラヤガーデンズ 花からのメッセージ

キムラヤガーデンズはバラ苗、クリスマスローズを中心に展開するショップです。 植物と日々の暮らしを綴ていきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --: -- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

百合の花

人気ブログランキングバナー
ブログランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします。

キムラヤガーデンズオンラインショップ

こんにちこんにちは
今日の八ヶ岳は雨と晴れの繰り返し
今年は天気に恵まれず天の川がほとんど見えない夏空でした
きれいにくっきり見える天の川本当にきれいなのですが
夜空は見えない残念な夏でした。

2014-8-26-1.jpg
友人の家の庭ですが自然な美しい庭です
森に囲まれた静かな所
広い敷地にはいろいろな植物が自生している
私の好きな美しい庭

東京から移住されたご家族ですが森の中で暮らし
もしかしたらこのご家族が一番清里に似合う
暮らし方をしていらっしゃるのかもしれないと思う程
自然を楽しみ山のを暮らを楽しんでしらっしゃるような気がする
人柄も温厚なとても暖かい人です
私も見習いたい暮らし方と人となりです

2014-8-26-2.jpg
鹿の子百合
白い鹿の子百合が美しく咲いていた

母が好きだった百合の花
子供の頃には庭に多くの百合が植えられていた
母の名前がこの花と同じ
1月生まれなのに百合子
そして亡くなったのが夏の百合が咲く頃
この写真を撮ったのは命日でもあった

2014-8-26-3.jpg
広い敷地の庭の中でこの純白の鹿の子百合の花のそばに
母がふっといるようでもあった
私が花が好きなのは母譲り

2014-8-26-4.jpg
今年も命日にお墓参りへ行っていない
本当はいろいろな事情から清里へ来た頃に
お墓が新しくなり私は墓地の場所がわからない
家族では何度も行っているが一人で行けない
困ったものでもあります
また親不孝者なのかもしれない

でもいつも心の中に母、祖母、伯母は生きている
もう母は亡くなって30年近く経つ
時が過ぎるのは早い
でもこの時を感じなく母はいつもそばに私の心の中にいる
母の亡くなった後、励ましてくれた伯母も
子供の頃、いつも庭で一緒だった祖母も
みんなずっとそばにいてくれる
心の庭の中でこれからもずっと


キムラヤガーデンズ 北村直子


にほんブログ村 花ブログへ
日本ブログ村に登録しています。よろしければクリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキングに登録しています。 よろしければクリックよろしくお願いします。

 よろしければクリックよろしくお願いします。


よろしければクリックお願いいたします。

blogram投票ボタンよろしければクリックお願いします。


| ガーデンズスタッフが感じた事 | 23: 20 | comments: 2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

直子さま

お母様への想い 胸が熱くなります。
若くして召されてしまいましたが
いつも 直子さんを見守っていられると思います。
心の中で片時も忘れない思いは
お墓に行かなくても お母様は嬉しいと思います。

私も42歳で両親を見送りました。
長い闘病生活でしたが
私の拙い介護に文句も言わず
かえって 私のことを心配しているようでした。

悲しみは 時が癒してくれると
周りの方に慰めてもらいましたが
それは 少し違うように思うようになってます。
68歳で亡くなった母の歳より
長く生きてみて 年々父 母への
想いは深くなっていると感じます。

やはり 私の一番の甘えられる存在だったと・・・

お墓は鎌倉で近いのですが
高齢になり 体調もすぐれないことが多く
中々行くことが難しくなりました。

昨年 小さなお地蔵様を庭に置きまして
挨拶してます。
辛い時も 嬉しい時も 
微笑んでるお地蔵様の前で
父さん 母さんと思って話しかける 私です。

母が好きだった コデマリ 百合 など植えてます。

| 加藤愛子| 2014/ 08/ 27 04: 37| URL|

Re: タイトルなし

加藤愛子 様
こんにちは

私も、もうすぐ母の亡くなった歳になります

愛子様が思われているのと同じで
「悲しみは 時が癒してくれると周りの方に慰めてもらいましたが」
時は過ぎても癒してはくれませんね
本当に時ではなく癒してはくれません
年々想いは深くなるばかりですね

幾つになっても母だったらこんな時はどうしていたんだろう?
そんなことも思い老眼で針に糸が通りにくくなった最近
母が私によく「糸を通して」と持って来た事など思い出しながら
私が同じ歳で亡くなるのなら残された時間はどんどん少なくなって
日々きちんと生きて行かないと、と思ったりします。

竹内まりやの「人生の扉」と言う曲を聴いていると
歌詞に共感してしまいます。

微笑んでいるお地蔵さんに私も話しかけたいです
「愛子様にお会いしたいです いつか会わせてくださいね」って

今日は東京では涼しい1日だったと聞いています
これからは寒暖の差が激しくなりますので風邪などひかれませんよう
お過ごしくださいませ

北村直子





| ガーデンズスタッフ| 2014/ 08/ 27 23: 25| URL|















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。